志望動機の箇条書きはOK!効果的な志望動機の書き方とポイント【例文あり】

志望動機をまとめる際、どのような形式で書けば良いのかわからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ネット上では「志望動機の箇条書きはNG」「ストーリー仕立てにした方が良い」という意見が多く見受けられますが、実は志望動機を箇条書きすることは、採用担当者の印象に残りやすく、他の就活生と差別化できるというメリットがあります。

しかし、箇条書きにするには要点を簡潔にまとめなければならないためコツを押さえ、魅力的な文章に仕上げなければなりません。

本記事では、志望動機を箇条書きにする上でのポイント、注意点・例文について解説しています。

志望動機は箇条書きにして問題ない 

冒頭でお伝えした通り、企業から指定がない限り、ESの志望動機は箇条書きにしても問題ありません

中には、「ストーリー仕立ての方が企業へ熱意が伝わるんじゃないの?」と考える方もいるかもしれません。たしかに読み応えはあるかもしれませんが、結局何が言いたいのかが分からない文章になってしまっては本末転倒です。

志望動機を長い文章でまとめるのが苦手な方、アピールポイントを絞りたい方、短い文章で説得力を強めたい方は、箇条書きでまとめることをおすすめします。要点が分かりやすいESは、人事担当に好印象を残せる可能性が高いです。

しかし、ただ闇雲に箇条書きにするのはかえってNGです。ポイントを押さえ、志望動機の箇条書きを上手く活用していきましょう。

志望動機を箇条書きにするメリット

要点を簡潔にまとめられる 

箇条書きにすることで、志望動機のポイントを簡潔にまとめることができます。

人事担当は、あなたも含めてたくさんの就活生のESを目にします。そのため、志望動機に目をむけた際に「この志望動機は分かりやすい!」と思ってもらえるだけで、あなたのESは一気に好印象へ近づきます。

逆にいうと、文章だけ長すぎて何が言いたいのか分からないESはマイナス印象につながる可能性が高いです。

すぐに箇条書きにするのが難しいと感じる場合は、まずは長文でもよいので志望動機を書き起こしてみましょう。そのうえで、「私はどんな部分を特にアピールしたいのか?」と自問自答し、志望動機の要点をピックアップしてみましょう。

アピールポイントを明確に伝えられる 

箇条書きを上手く活用すれば、志望動機を通して「何を一番アピールしたいのか」を明確にできます。

ここで、国語の授業を例に挙げて解説しましょう。国語の授業では、物語を通して「作者が何を伝えたいのか」を読解するテストがありますよね?みんなが同じ文章を読んでいるにもかかわらず、テストの回答は人によって大きく異なります。

これはESにも通ずることであり、書き手から要点の提示がない限り、「文章を通して何を伝えたいのか?」は読み手の解釈次第で大きく変わるのです。

せっかくあなた自身をアピールするなら、人事担当へあなたのアピールポイントを齟齬なく伝えたくありませんか?

そのような意味から、箇条書きは文章の要点を先出しで伝えることで、アピールポイントを明確かつ齟齬なく伝えられる方法といえます。

ストーリー立てて構成する工数がなくなる

あなたがその会社を志望する理由を箇条書きでまとめれば、志望動機を伝えるためにゼロからストーリーを組み立てる必要はありません。

ストーリー立てた志望動機は読み応えがありますが、書き上げる際にどうしても時間がかかってしまいます。もちろん、物語テイストにしたい方はそのかたちでも問題ありませんが、どうしても難しい方はストーリー立てという選択肢を無理に選ぶ必要はありません。

志望動機において、「何を伝えたいのか?」ここさえ明確であれば、箇条書きでまとめてOKです。また、伝えたいことが多すぎてまとめきれない方にもおすすめです。

志望動機を箇条書きにするデメリット

分量が全体的に少なくなる

志望動機を箇条書きにすると、どうしても全体のボリュームが少なくなってしまいがちです。

もちろん分量さえ多ければいいというわけではありませんが、志望動機はあなたの熱意を伝えるための重要な項目なので、記載欄そのものが大きめに作られていることが多いです。

そのため、分量が少なすぎると書いていない部分の余白が目立ってしまうことも少なくありません。あまりにもボリュームが少ないと、「志望動機が薄いな…」「もうちょっと頑張ってアピールしてほしいな…」という印象を人事担当に与えてしまう恐れがあります。

箇条書きを活用する場合は、志望動機全体のボリュームに気を付けましょう。

内容が薄いと使い回しに見られがち

あまりにも内容が薄いと、他企業の選考にも使い回しているテンプレの志望動機に捉えられる恐れがあります。

箇条書きにすれば要点を明確に伝えることができますが、企業の特色を全く押さえていない志望動機を提出した場合、「他企業でも良いのではないか?」と思われる恐れがあります。志望動機を箇条書きにする際は、その企業独自の強み、魅力に目を向けていることをアピールしましょう。

企業のオンリーワンな魅力を見つける際のポイントの一例は、企業理念、働く人、働き方、業界の立ち位置など様々挙げられます。志望動機を練る際は、企業のコーポレートサイトの他、採用ホームページやSNSなどの様々な媒体を通して企業研究を行うことをおすすめします。

内容が薄い=意欲が低いとみられる恐れがあり

内容が薄すぎると、意欲が低いと判断される可能性があります。

1つ目のデメリットでも触れましたが、志望動機はあなたの意欲、熱意を企業へストレートにアピールできる絶好のチャンスです。企業を口説き落とすために全力で内容を練り上げて初めて、あなたのラブコールが伝わるのです。

だからこそ、「なぜその会社を志望するのか?」という理由とそこに至ったプロセスに説得力を持たせなければいけません。その前提で初めて、箇条書きのメリットが働きます。

ES対策の本をそのまま流用した言葉を並べるのではなく、あなた自身の言葉でオリジナリティあふれる志望動機を練り挙げましょう。

志望動機を箇条書きにする際のポイント

あくまで「補助」として箇条書きにする

箇条書きは有効な方法ではありますが、志望動機全体をまるまる箇条書きで完結させることはNGです。なぜなら、その要点に至ったプロセス、理由の説明がなければあまりにも手抜き、説明不足と捉えられてしまうからです。

たとえば気になっている人を初めてデートにお誘いする時、「3月1日日曜日の13時にサンシャイン水族館で会おう」とだけ伝える人はいないはず。あなたの気持ちをアピールするための言葉を何かしら伝えますよね?

例えが極端かもしれませんが、考え方は全く同じです。志望動機を箇条書きで書く際は、あくまで箇条書きは要点を明確にするためのサブであり、メインは本文であると認識しておきましょう。

3つ以上の理由がある際に箇条書きにする

志望理由が3つ以上ある場合に、箇条書きを取り入れましょう。

理由が1つ、2つのみしかないのに無理やり箇条書きにしてしまうと、志望理由の少なさを逆アピールしてしまうことになります。

もちろん理由の数だけではなく中身も大切ではありますが、マイナス印象を与えてしまっては元も子もないので、理由が少ない場合は文章形式だけで志望動機を書きましょう。理由が3つ以上あり、本文が長文になりそうな方は箇条書きを活用することをおすすめします。

また、プレゼンの世界では「何かを相手に説得させる際は理由が3つ以上あると説得力が強まる」という考えがあります。理由が3つ以上あるのであれば、この心理傾向を使わない手はありません。

ぜひ、説得力のある自己開示ができることを企業へ思う存分アピールしましょう。

伝えきれない内容は箇条書きの後に補足する

全てをまとめきれない場合は、補足文を箇条書きの後に書きましょう。

箇条書きは、できれば一項目あたり15~20文字くらいで留めておくのが良いでしょう。その方がパッと見た時に分かりやすいからです。理由が長すぎて説明しきれない場合は、箇条書きの下に説明を補足しましょう。

補足文は、要点の足りないところを補う役割を果たしてくれるので、分量はそこまで気にしなくても大丈夫です。あなたが何を伝えたいのかを、不足点なくアピールできるでしょう。

志望動機を箇条書きにする際の注意点

無理に箇条書きを使わない

前述したように、箇条書きには様々なメリットが存在しますが、必ずしも活用しなければならない方法ではありません。

前の項目にて伝えた通り、3つ以上の志望理由がある場合のみ箇条書きでまとめましょう。また、企業によっては志望動機の文字数を指定している場合があります。その場合は、箇条書きは適切でない場合もあります。

たとえば、「150文字以内」という制限がある場合、箇条書きでまとめるとその後の本文が薄くなってしまう場合があります。そのため、文字数の指定が少なくとも300文字以上あり、理由が3つ以上ある場合に箇条書きを活用しましょう。

全て箇条書きにするのは避ける 

繰り返しにはなりますが、全文を箇条書きにしてしまうのは絶対NGです。

それだけで、人事担当がもつあなたへの印象は大きくマイナスとなってしまいます。アピールしたいことがたくさんある方は、箇条書きだけでも結構な行数になるケースもあるかもしれませんが、箇条書きはあくまで「要点」なので、結局何を言いたいのかが分からず、内容も薄いものになってしまいがちです。

そんな残念なESになってしまわぬよう、箇条書きにはそこに至った理由、プロセスなどの補足をそっと添えましょう。もしくは、箇条書きを3行並べた最後にストーリーをまとめて書くのが良いでしょう。

分かりにくいポイントはマイナス要素 

せっかく箇条書きでまとめても、結論として何が言いたいのかが分かりにくいのはマイナス点につながります。

一例として、企業理念に惹かれたことを箇条書きにする場合、「貴社の企業理念に強く惹かれたため」「理念に対する共感性」だったら、どちらが分かりやすいでしょうか?

言いたいことは共通していても、どこか言葉足らずだったりワードチョイスが変に難しい場合、内容がイマイチ頭に入ってこない印象になりがちです。

難しい言葉を使ったり、変に短くし過ぎる必要はないので、「誰が見ても分かりやすい要点」ということを意識して箇条書きを活用しましょう。

箇条書きの例文5選

①食品業界(商品開発)

例文

私が貴社を志望する理由は3つあります。
①企業理念に惹かれたため昨今の食産業は食品添加物の多さから、健康課題も増えているという課題を感じています。そのような中で、健康&美味しさの両方の実現を目指した無添加食品の製造を行う貴社の取り組みに惹かれました。
②貴社の商品開発に携わりたいため私はサッカーをしており、貴社の「濃厚たまごチキンサンド」を幼少期から食べていました。おかげで身体も大きくなり、スポーツでも活躍できました。そのような経緯から、誰かの人生を明るくする商品を作りたいという夢を持ちました。
③人を大切にする社風に魅力を感じたため私は人と話すことが大好きなので、プライベートの場でも会社の方々と交流を深めたいと考えています。皆様と信頼関係を構築できる働き方を体現していきます。(350字以内)

企業に惹かれた理由を、企業理念、商品、働く人という3つの視点から具体的にアピールしており、人事担当にとって企業愛を感じるような志望動機であることがポイントです。

また、幼少期から商品を食べていたという具体的なエピソードで印象づけると同時に、その結果として人生が良くなったこと、自分自身の夢につながったというプロセスが示されています。箇条書きに書ききれないエピソードがある場合は、このように補足文として肉付けして伝えると良いでしょう。

②IT業界(エンジニア)

例文

私が貴社を志望した理由は3つあります。
①貴社の事業に惹かれたため②貴社の社風に魅力を感じたため③海外展開を目指す姿勢に惹かれたため
私は、インフルエンサー活動を支援する学生団体に所属しております。その中で、私は「リアフル」という新たなSNSアプリを開発し、1年半で5,000人超の新規ユーザーの獲得に成功しました。
貴社の「チャレンジャーを応援するプラットフォームづくり」に魅力を感じ、アプリ開発のエンジニアとして尽力したいと思い、志望しました。
定期的な勉強会やSNS運用等を始めとして、マーケティング領域へ高いアンテナを張っているので、自身も常に学ぶ姿勢で取り組みたいです。
また10年以内の海外進出というビジョンにも惹かれました。海外でも貴社の存在をアピールできる未来の実現に向けて尽力していきます。(350字以内)

冒頭から、3つの志望動機を結論として述べているため、要点がストレートにアピールできる構成です。①の例文が箇条書きの下に補足文を足したパターンである一方、このように冒頭で3つの要点を伝えた後にストーリーとして補足しても問題ありません。

アピールポイントであるアプリ開発の経験に加えて、「1年半で5,000人の新規ユーザー」という具体的な数字で示している点がポイントです。このように実体験を含めたアピールは、抽象的な表現は避けて数字でアピールすることで説得性がアップします。

③不動産業界(営業職)

例文

私の就職活動の軸は、世の中を変える影響力と、どれだけ本気で世の中のことを考えているかの2つです。その上で貴社を志望する理由は3つあります。
①貴社が手掛けた建造物の影響力に惹かれたため私が初めて六本木を訪れた時、その存在感に強い衝撃を受け、日本に新たな都市を創造する規模の大きさに魅力を感じました。
②都市づくりに対する姿勢に惹かれたため六本木ヒルズの開発に至るまで、長年の歳月をかけて地権者の方々と話し合いを行ったエピソードから、真っすぐな思いで都市づくりへ向き合う姿勢に惹かれました。
③不動産領域を一括で対応できる体制に惹かれたため不動産領域をワンストップで行える体制が非常に魅力的です。開発~マネジメントを一括対応できる体制を整備し、都市のマネジメントを手掛けている企業努力に惹かれました。(350字以内)

志望動機を伝える前に、就職活動の軸を伝えることでその後に続く理由に至ったバックボーンが判りやすい点がポイントです。明確な就職活動の軸がある場合は、このように最初の段階で示すことで志望動機全体の密度が濃くなります。

また、六本木ヒルズの建造に至るまでの歳月、プロセスなどに触れることで、企業研究を十分に行っていることが人事担当へ伝わる内容となっています。①、②と比較して、この例文は自分の経験が活かせることをアピールする内容ではありませんが、企業のことをよく調べていることが窺える内容なので、企業への入社意欲をアピールできる点がポイントです。

④人材業界(キャリアアドバイザー)

例文

私が貴社を志望する理由は3つあります。
①企業理念へ共感したため②事業内容へ興味を持ったたため③女性管理職のロールモデルがいるため
「誠実に、人と人との架け橋となる」という企業理念に強く惹かれ、貴社を志望しました。
私は、ボランティア団体にて50人以上のメンバーをまとめるリーダーを務めました。その際に心がけたことは、相手の話に耳を傾け、理解を示すスタンスです。この経験を通して傾聴力を磨くことができ、メンバーから相談を受けたり、頼れるリーダーという評価をもらえました。
このような中で、私には誰かの道標となる仕事に就きたいという気持ちが生まれました。「仕事」という人生の大半を占める選択に悩みを抱えている方を助けるキャリアアドバイザーの道を志すことを決意しました。求職者の方々に寄り添い、プロとして適切なアドバイスを行い、仕事に悩む方々を一人でも助けてまいります。(400字以内)

企業が人を大切にしている社風であることを念頭に入れ、カルチャーマッチの高さを実体験を織り交ぜながらアピールしている点がポイントです。

また、人にかかわる活動を行っていたことに加え、そこで得たスキルを具体的に記載することで、キャリアアドバイザーへの適性の高さも感じられる構成となっています。このように具体的な体験談がある場合は、箇条書きで結論付けた後に詳しいストーリーがわかる志望動機を記載すると良いでしょう。

⑤金融業界(コンサル)

例文

私が貴社を志望した理由は3つあります。
①貴社の企業理念に惹かれ、貢献したいため②人材力の向上を目指す取り組みに惹かれたため③キャリアプランを見据えた人材育成を行っているため
貴社を志望する理由は、「日本全体のマネーライフを豊かにする」というビジョンの実現へ貢献したいからです。
私はアパレルのアルバイトにて、集客数を上げるためにSNSの運用を提案し、来店者数が2倍にUPしました。このような戦略の提案に興味を持ったことが、コンサル業界を志望するきっかけです。
また、人材力向上を通して顧客の利益アップに貢献している取り組みに惹かれました。様々なキャリアステップを見据えた資格取得制度も完備されているため、常に目標を持ち自分を高めることができる環境もことも魅力的です。
日本を牽引する企業の一員として、金融業界を豊かにするチャンスに携わりたく思います。(400字以内)

売上アップなどの実績を示せるのであれば、アルバイトの経験をアピールポイントにするのがおすすめです。お金などの数字に触れることが多い金融業界との相性が良い構成となっています。

また、この事例には当てはまりませんが、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得している方はアピールポイントにぜひ織り交ぜましょう。実務でどのように活かしていきたいのか、どんなキャリアプランを踏んでいきたいのかも明記すると尚GODDです。

箇条書きを活用してワンランク上のESを提出しよう!

志望動機は、あなたにとって自分の熱意を存分にアピールするチャンスであり、企業にとってはあなたを知るためのファーストインプレッションです。

ESにおいて一番といっても過言ではないほど、志望動機は力を入れるべき重要な項目です。そのうえで、箇条書きとはあなた自身をストレートにアピールできる方法の一つでといえます。

後悔のない就活を行うためにも、箇条書きを上手く取り入れ、他の就活生と差をつけたESを作り上げましょう。

志望動機の記事一覧

【例文あり】スーパーの志望動機の書き方|評価されるポイントと差別化のコツ

【例文あり】スーパーの志望動機の書き方|評価されるポイントと差別化のコツ

スーパーへの志望動機は、企業が求めるスキルや人物像を理解した上でマッチするポイントをアピールすることが重要です。業界・企業分析を徹底して行い、自身の経験やスキルを具体的に書きましょう。本記事では、スーパーの志望動機で評価されるポイントや書き方、差別化するコツなど、例文を交えて紹介しています。

コンサル業界の志望動機の書き方|評価されるポイントとコツ【例文あり】

コンサル業界の志望動機の書き方|評価されるポイントとコツ【例文あり】

コンサル業界の志望動機を作成する際には、説得力を高めるために具体的なエピソードを盛り込みましょう。企業が求める人物像に合わせて自分の強みをアピールすることも重要です。本記事では、例文とともに、コンサル業界の概要、志望動機の作成方法、求められるスキルを解説します。

【例文あり】志望動機は締めくくりが重要!締めの書き方とポイント

【例文あり】志望動機は締めくくりが重要!締めの書き方とポイント

志望動機の締めくくりに悩む就活生も多いのではないでしょうか。良い文章が書けても、最後の締めを誤ると魅力も半減してしまいます。ESの選考を突破するためには、企業に「面接したい」と思ってもらうことが大切です。本記事の例文とポイントを参考に、内容に一貫性が出る締めを作成していきましょう。

【例文あり】志望動機で「貢献したい」を伝える書き方|効果的な言い換え表現

【例文あり】志望動機で「貢献したい」を伝える書き方|効果的な言い換え表現

志望動機で「貢献したい」と締めくくりに使っている人も多いでしょう。貢献は、熱意や自信が伝わりやすいメリットがある一方、使い方を誤ると具体性を欠く恐れもあります。正しく理解し、適切に使うことで効果的にアピールできます。また言い換えを使った例文も紹介するので、参考にしてください。

【例文あり】800字の志望動機の書き方とは?コツや注意点を徹底解説!

【例文あり】800字の志望動機の書き方とは?コツや注意点を徹底解説!

企業から志望動機を800字で指定される場合があります。800字の志望動機は、自己分析、業界・企業研究を徹底していないと、効果的にアピールするのが難しいため、時間をかけて対策しましょう。 本記事では例文とともに、800字の志望動機の構成や作成するコツ、注意点などを解説します。

【例文8選】志望動機を200字で書く方法|短くまとめる構成とコツ

【例文8選】志望動機を200字で書く方法|短くまとめる構成とコツ

ESでは志望動機を200字で指定される場合があります。文字数が少ない分、企業研究と自己分析を綿密に行わなければ要点を絞るのが非常に難しく、字数を削減させるためには記述のテクニックも必要です。 本記事では、200字指定でも効果的な志望動機を書くコツと例文を紹介しています。

ホテル業界の志望動機の書き方|業界の基礎と評価されるコツ【例文あり】

ホテル業界の志望動機の書き方|業界の基礎と評価されるコツ【例文あり】

ホテル業界の志望動機を書く際にポイントとなるのは、「自分の具体的なエピソードに基づいた志望動機を書けているのか?」という点です。 本記事では、ホテル業界の業界研究を始めとして、志望動機の書き方やコツ・ポイントなどについて解説します。

志望動機に社風を取り入れるコツ|ポイントや注意点を解説【例文あり】

志望動機に社風を取り入れるコツ|ポイントや注意点を解説【例文あり】

この記事では、社風を志望動機に取り入れる際のポイントや注意点について解説しています。社風だけを伝える志望動機は印象に残りにくく、評価に結びつきにくいです。社風を取り入れるときは、ポイントを押さえ、自分の考えや目標などに関連させて伝える必要があります。例文を参考に作成してみましょう。

【例文あり】志望動機における企業理念の魅力的な書き方とは?ポイントと注意点

【例文あり】志望動機における企業理念の魅力的な書き方とは?ポイントと注意点

ESの志望動機で「企業理念に惹かれた」と書く学生は多く、差別化することが大切です。そのため、志望動機に企業理念を加える際、オリジナル性を持たせた魅力的な書き方を意識する必要があります。本記事では、志望動機でどのように企業理念への共感を書くかを、例文と書き方のポイントと一緒に解説します。

【例文10選】広告業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ

【例文10選】広告業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ

広告業界の志望動機は、業界や職種を正しく理解した上で、明確な理由を伝える必要があります。人気業界のため倍率も高く、「なぜ広告業界なのか」「広告業界で何をしたいのか」自分の考えをはっきりと伝えることが重要です。本記事では、広告業界の志望動機の書き方やコツ、職種別の志望動機例文を紹介しています。

志望動機に福利厚生はNG?評価に結びつく書き方と注意点【例文あり】

志望動機に福利厚生はNG?評価に結びつく書き方と注意点【例文あり】

本記事では、志望動機に福利厚生を書く時のポイントを解説しています。志望理由が福利厚生だけではマイナスの印象を与えてしまう可能性があるため、書き方には注意が必要です。福利厚生を活かしてどうなりたいのか、採用担当者が納得する理由を述べることを意識して志望動機を作成していきましょう。

志望動機と自己PRの違い|書き方や注意点を徹底解説!【例文あり】

志望動機と自己PRの違い|書き方や注意点を徹底解説!【例文あり】

就職活動において、志望動機と自己PRを効果的に伝えることは最も重要です。 本記事では、志望動機と自己PRの違いを明確にし、書き方や注意点を詳しく解説します。それぞれ例文を交えて解説しており、具体的なイメージを持ってアプローチすることができます。

食品業界の志望動機の書き方|ポイントを徹底解説!【例文あり】

食品業界の志望動機の書き方|ポイントを徹底解説!【例文あり】

食品業界の志望動機を書くときは、「なぜ食品業界を志望するのか」という点を分かりやすく表現することが重要です。そのため、あなたならではのエピソードを交えて志望動機を作ることがポイントです。 本記事では、食品業界の基礎知識から、志望動機の作成ポイント、例文について詳しく解説します。

アパレル業界の志望動機の書き方|熱意を伝えるポイントとは?【例文あり】

アパレル業界の志望動機の書き方|熱意を伝えるポイントとは?【例文あり】

アパレル業界の志望動機を書く際には、アパレル業界を選んだ理由やその会社でなければならない理由、入社後に実現したいことなどを具体的なエピソードを踏まえて書くことがポイントです。この記事では、アパレル業界の志望動機の書く前に知っておきたい業界の基本情報や代表的な職種、参考になる例文などをご紹介します。

【例文あり】エンタメ業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう

【例文あり】エンタメ業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう

本記事では、新卒の就活で競争率が高い「エンタメ業界」の志望動機の書き方について、例文を用いて解説しています。 まずは、エンタメ業界の特徴や仕組みを理解することが大切です。業界の理解を深め、他の就活生と差別化した内容に仕上げていきましょう。

【例文あり】リース業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう!

【例文あり】リース業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう!

この記事では、リース業界の志望動機の書き方と職種別の例文、業界についての概要を解説しています。リース業界は企業向けビジネスのため、学生には馴染みが薄い業界です。そのため、まずはリース業界について正しく理解する必要があります。徹底した企業研究をもとに、効果的な志望動機を作成しましょう。

医療機器業界の志望動機作成に必要なステップと書き方【例文あり】

医療機器業界の志望動機作成に必要なステップと書き方【例文あり】

医療機器業界の選考で評価される志望動機を作成するためには、業界を深く理解することが重要です。本記事では、業界について紹介するとともに、志望動機を作成するための具体的なステップと書き方を解説します。自分の経験を活かし、オリジナリティ溢れる志望動機を作成していきましょう。

物流業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるコツと注意点【例文あり】

物流業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるコツと注意点【例文あり】

本記事では、物流業界を志望している人に向け、効果的にアピールできる志望動機の書き方と例文、注意点を解説しています。物流業界は、大きく3つの業種に分けられ、業務も多岐にわたるため、まずは正しく業界を理解することが大切です。ポイントを押さえ、強みが伝わる志望動機を作成していきましょう。

通信業界の志望動機を効果的的に伝える書き方と注意点【例文あり】

通信業界の志望動機を効果的的に伝える書き方と注意点【例文あり】

通信業界には様々な業種や職種があるため、求められるスキルや経験が異なります。企業が求める人物像に合わせて、自分の強みをアピールすることが大切です。本記事では、志望動機の例文とともに、通信業界の業種や職種、通信業界で求められるスキル、効果的な志望動機の書き方と注意点を解説します。

金融業界の志望動機を魅力的に伝える書き方とコツ【例文あり】

金融業界の志望動機を魅力的に伝える書き方とコツ【例文あり】

金融業界には多くの業種・職種があるため、応募先ごとに適した志望動機を考えることが大切です。具体的なエピソードを述べ、他の志望者と差別化を意識して作成しましょう。本記事では、例文とともに金融業界の役割、主な業種・職種、志望動機の書き方やポイントを解説しています。

地方銀行の志望動機の書き方|差別化するコツとは?【例文あり】

地方銀行の志望動機の書き方|差別化するコツとは?【例文あり】

地方銀行の志望動機を作成するときは、メガバンクとの違いを明らかにし、地方銀行ならではの理由を書くことが大切です。 本記事では、地方銀行の特徴からメガバンクとの違い、業界動向などを詳しく解説し、後半では地方銀行の志望動機の書き方、コツ、例文を紹介しています。

保険業界の志望動機はどう書く?例文やポイントを徹底解説!【例文あり】

保険業界の志望動機はどう書く?例文やポイントを徹底解説!【例文あり】

保険業界の志望動機は、構成を意識して作成することが大切です。求められる人物像を把握し、保険業界への興味関心をアピールしましょう。説得力を出すためには、軸の通った内容を意識することが大切です。 本記事では、保険業界の志望動機の書き方やコツ、例文などを解説しています。

ドラッグストアの志望動機の書き方とコツを徹底解説!【例文あり】

ドラッグストアの志望動機の書き方とコツを徹底解説!【例文あり】

ドラッグストアの志望動機は、志望する企業に焦点を絞って作成することが重要です。求められるスキルや企業の特徴を把握して、貢献できる人材であることをアピールしましょう。 本記事では、企業の目に留まるドラッグストアの志望動機の書き方とコツ、例文を徹底解説しています。

商社の志望動機の書き方|採用を勝ち取るポイントとは?【例文あり】

商社の志望動機の書き方|採用を勝ち取るポイントとは?【例文あり】

商社は例年倍率が高く、選考を突破するためには業界や企業研究を徹底したうえで志望動機の内容を練る必要があります。 本記事では、業界や業種の特徴を紹介するとともに、志望動機の書き方や構成作成のポイント、職種に合わせた例文まで解説しています。

ゲーム業界で評価される志望動機の書き方とポイント【例文あり】

ゲーム業界で評価される志望動機の書き方とポイント【例文あり】

ゲーム業界の志望動機で「好き」や「憧れ」のみを述べても、他の志望者と差別化できません。企業が求める人物像に合わせて、自分の強みを具体的にアピールすることが大切です。本記事では、例文とともに、ゲーム業界の効果的な志望動機の書き方とコツを解説しています。

建設業界の志望動機の書き方|周囲と差別化できるポイント【例文あり】

建設業界の志望動機の書き方|周囲と差別化できるポイント【例文あり】

効果的にアピールする建設業界の志望動機の書き方を説明します。まずは建設業界の現状を理解し、企業のニーズを探ることが大切です。求められる人物像を理解した上でその会社を選ぶ理由を書けば、説得力のある文章に仕上がります。職種別の例文を参考にしながら、想いが伝わる志望動機を仕上げましょう。

自動車業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ【例文あり】

自動車業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ【例文あり】

自動車業界の志望動機には、具体的に自分が経験したことや感じたことを盛り込むことが大切です。本記事では、志望動機の作成方法と例文とともに、自動車業界の役割、事業や仕事の種類、働く魅力、求められるスキル、自動車業界が抱える課題を解説します。

ESに書く志望動機の文字数は何割が目安?【文字数別例文あり】

ESに書く志望動機の文字数は何割が目安?【文字数別例文あり】

ESの志望動機の文字数はどれくらいが目安なのか気になる人も多いのではないでしょうか。特に文字数が指定されていない場合、何割を目安にしたらいいのか悩みますよね。この記事では、志望動機の文字数の目安について徹底解説するとともに、文字数別の例文も掲載しています。

ブライダル業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするコツ【例文あり】

ブライダル業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするコツ【例文あり】

ブライダル業界の志望動機の書き方や魅力的な伝え方を解説。人気が高いブライダル業界で内定を勝ち取るためには、志望動機を充実させることが大切です。採用担当者が注目するポイントを押さえて作成しましょう。ブライダル業界で一目を置かれる志望動機の書き方のコツや注意点を紹介します。

志望動機では「魅力を感じた」は言い換えるのが効果的!【例文あり】

志望動機では「魅力を感じた」は言い換えるのが効果的!【例文あり】

志望動機で使いがちな「魅力を感じた」。多くのESを見ている採用担当者とってはありきたりな表現で熱意が伝わらずマイナスに見られてしまうことも。魅力を伝えるときは、自分なりの表現に言い換えることが大切です。この記事では、「魅力を感じた」をより効果的に伝えるためのコツや例文を紹介しています。

教育業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするポイント【例文あり】

教育業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするポイント【例文あり】

就職先を選ぶときに「教えることが好き」という人にとって、教育業界は選択肢の1つではないでしょうか。しかし、教育現場の近況や学校教員に対して、ネガティブなイメージがあるのも事実です。今回は、教育業界を目指す人に向けて業界を紹介するとともに、志望動機の書き方を解説していきます。

銀行業界の志望動機の書き方|ポイントと注意点を徹底解説!【例文あり】

銀行業界の志望動機の書き方|ポイントと注意点を徹底解説!【例文あり】

この記事では、銀行業界を目指す人に向け、業界の特徴や動向をふまえ、採用担当者の目を惹く志望動機の書き方を解説しています。銀行業界は、新卒就職者から人気の業界です。しかし、同時に変革が求められている業界でもあるため、現状と課題を把握した上で効果的な志望動機を作成していきましょう。

不動産業界の志望動機の書き方とは?作成のポイントと注意点【例文あり】

不動産業界の志望動機の書き方とは?作成のポイントと注意点【例文あり】

就活生の人気の業界の一つである不動産業界。憧れの企業から内定を獲得するための志望動機の書き方を徹底解説。魅力的な志望動機を書くためには、業界研究を行い、自分の強みを積極的にアピールすることがポイントです。業界の概要から職種別の例文まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

人材業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるポイントを徹底解説!【例文あり】

人材業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるポイントを徹底解説!【例文あり】

人材業界の志望動機を作成する際は、業界や企業研究を行い、求められる人物像を把握したうえで自分をアピールすることが大切です。本記事では、人材業界の志望動機の書き方から例文、業界の役割、求められるスキル、抱える課題など、業界研究にも使える内容を解説しています。

志望動機の箇条書きはOK!効果的な志望動機の書き方とポイント【例文あり】

志望動機の箇条書きはOK!効果的な志望動機の書き方とポイント【例文あり】

志望動機を箇条書きで書くと要点が伝わりやすく、他の就活生と差別化することができます。ただし、箇条書きを用いるときは「何を伝えたいのか」を明確に、簡潔にアピールする必要があるため、しっかりとコツを押さえなければなりません。本記事では、志望動機を箇条書きにする書き方やポイント、例文を徹底解説しています。

【例文あり】選考を突破する!志望動機の書き方と入社意欲をアピールするコツ

【例文あり】選考を突破する!志望動機の書き方と入社意欲をアピールするコツ

履歴書の「志望動機」から、企業は応募者の入社意欲を知ることができます。志望動機を書くためには、応募先への理解を深めることが不可欠であり、その理解度から業界・企業研究にどれほど力を入れたかを推測できるからです。この記事では、志望動機の書き方から例文まで徹底的に解説しています。

【例文あり】インターン参加のための志望動機の書き方|差別化のポイント

【例文あり】インターン参加のための志望動機の書き方|差別化のポイント

インターンシップは「働く」イメージを具体的にする、就活生にとって貴重な機会となります。書類選考としてESの提出を求める企業も多く、志望動機を書くのに困っている就活生も多いのでしょう。本記事では、企業側のインターンへの認識から実際の書き方や注意点まで、段階を踏んでご紹介します。

IT業界の志望動機の書き方とは?評価につながるポイントを解説【例文あり】

IT業界の志望動機の書き方とは?評価につながるポイントを解説【例文あり】

今、成長が続くIT業界を志望する学生も多いでしょう。IT業界は幅広く、志望する分野や職種によって、押さえるべきポイントが異なります。自分だけの志望動機を作成できるよう、しっかり企業分析を行うことが大切です。この記事では、IT業界の概要とIT業界への志望理由の書き方を例文とともに解説します。

志望動機が書けない人必見!思いつかないときの対処法と書き方ガイド【例文あり】

志望動機が書けない人必見!思いつかないときの対処法と書き方ガイド【例文あり】

ESを作成する際、志望動機が書けず悩む就活生も多いでしょう。選考を勝ち取るためには、志望動機が思いつかない原因を探り、書くべき内容を理解した上で、自分の経験や考えを述べる事が大切です。本記事では、志望動機がないときの具体的な解決策や効果的な書き方を例文とあわせて紹介しています。