【例文あり】志望動機は締めくくりが重要!締めの書き方とポイント

就職活動において、志望動機は欠かせません。自分の熱意や意気込みを企業に伝えると同時に、深い企業研究を示すことができれば、内定に一歩近づくことでしょう。企業としても、折角働いてくれるならば自社の業務に熱意を持って取り組んでくれる人材を採用したいはずです。就活生と企業の両方にとって、志望動機は重要な書類といえるでしょう。

しかし、実際に書いてみると、志望動機の「締め」でつまづきます。一般的なビジネス文書とも違う、かといって友人同士のような気軽さは出せない。志望動機の締めを悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか。

締めには、いくつかのポイントがあります。そのポイントを踏まえて魅力的な志望動機を書き上げましょう。

志望動機の基本構成

志望動機の基本的な構成や、その目的が分かると締めの重要性伝えるべき内容が見えてきます。まずは、志望動機に含めるべき内容や、その目的を改めて確認しましょう。

企業は志望動機から就活生の熱意を知りたい

そもそも「何故、企業は志望動機を教えてほしいのか」と疑問に思ったことはないでしょうか。就活生の視点からすれば、極論「入りたいから」という短い一言でも、志望動機としては十分機能します。当たり前ですが、「入りたい」と思っていない企業とは、最初から接点を持とうとは思いません。

しかし、企業としては同じ「入りたい」なら熱意のある就活生を期待します。新卒就活の採用基準は、今後の成長への期待です。企業は志望動機から、就活生の成長にかける熱意や業務に対する情熱などを推察しています。同じ能力であれば、少しでも熱意のある方を選びたいのが、人としての心情でしょう。

そのため志望動機には、その企業を選んだ理由自分が参加したい業務それに向けて自分のアピールポイントなどを示すことが重要です。

目標は「面接したい」と思ってもらうこと

どれだけ熱意を紙面に書いても、相手に伝わらなければ意味がありません。志望動機の目的は、相手に「面接したい」と思わせることです。どれだけ文章を書いても、この目標が達成できていない志望動機は、残念ながら無意味です。最後までこだわって、企業が面接をしたいと思えるような志望動機を書きましょう。

志望動機は短く、そして、就活生から企業への一方通行となる書類です。そこで相手に「面接したい」と思ってもらうためには、自分の熱意思いの強さ端的に伝えなければなりません。何万枚と届くESのなかで自分を見つけてもらうためにも、自分の思いを最後に伝える「締め」の部分は重要といえます。

志望動機はPREP法で書くことが一般的

志望動機の文章は、強く相手に言いたいことが伝わる明瞭なPREP法で書くことが一般的とされています。PREP法は、結論、理由、具体例、結論の流れで、相手に話を伝える方法です。

ステップが4つしかなく、最も伝えたい内容が文頭にあるため、文章自体が短くまとめられ、ビジネスシーンなどで多様される書き方です。志望動機は300字程度でまとめることが多いため、このPREP法で書くことが推奨されています。

最後の締めは、PREP法でいうところの2度目の結論の部分です。結論を2回伝えることで、自分の意見を強調することができます。ここで結論であるはずの締めが弱いと、意見の強調ができずに尻すぼみで終わってしまいます。そうすると、企業としても就活生に対する期待感が下がり、次のステップへの進行をためらうかもしれません。

志望動機の締めは、期待入社後活躍できる人物であるポジティブな印象で終われるよう意識することが大切です。

志望動機の締めが重要になる理由

多くの就活生が、立派な志望動機を書いている中で、自分ひとりが締めの弱い、もしくは、一貫性のない志望動機だと、ES選考や面接のときに見劣りしてしまいます。

締めが多少不自然な程度で不合格になることは少ないかもしれませんが、マイナスに捉えられる要素を避けるため、志望動機は締めまでこだわりましょう。

締めは印象に残りやすい

心理学には「ピーク・エンドの法則」というものがあります。これは、物語や文章において山場である「ピーク」と結末である「エンド」の2つが印象に残りやすいということを示した法則です。皆さんも映画を見ていて、途中の過程は覚えてないが、エンドロールだけは妙に印象に残っているという経験は一度や二度ではないでしょう。このように文章の最後にある内容というのは、相手に印象を残しやすい部分です。

そして、これは同時に「過程は印象に残りにくい」ということでもあります。特に、人気企業の採用担当は、それこそ毎日何千枚というESに目を通しています。途中の理由や具体例などはほぼ読むことなく、上下の結論だけを読むということも珍しくありません。強く自分の印象を残すためにも、志望動機の締めは重要です。

締めはアピールする最後のチャンス

志望動機に限らず、PREP法で書かれた文章の最後の結論は、それまでの理由や具体例をまとめる部分です。つまり、短くではありますが、もう一度、自分がそう考えた理由などを伝えるチャンスとなります。

ここで自分の考え方を明確にアピールすることができれば、採用担当にも興味を持ってもらえる可能性が高まります。

ただ、この締めは同じ文章をくり返せばよいという単純な内容ではありません。確かに、同じ文章の反復は、強い印象を残す効果がありますが、それは詩や小説などの文学的文章に限った話です。志望動機はビジネス文であるため、そのような形は好まれません。

冒頭の結論とは異なり、締めの結論までには具体例や理由が示されています。それを踏まえた上で、もう一度、自分の熱意をアピールしましょう。

締めは論理性やコミュニケーション能力が評価される

志望動機に限らず、文章には論理性が求められます。ここでいう論理性とは、「文章が筋道だっている」こと、つまり、最初から最後まで一貫した内容の文章を書くことです。たとえば、冒頭の結論では「入りたい」と書いているのに、締めの結論では「入りたくない」と真逆のことを書くと、どのような印象を受けるでしょうか。当然ですが、論理性に欠け、何を伝えたいのか全く分からない文章になってしまいます。

上の例は極端なものですが、それでなくても最初と最後でアピールしている強みやポイントが変わっているという志望動機は珍しくありません。論理性は、自分の意見を伝える発信力としてのコミュニケーション能力でもあります。論理性のない文章は、今後の業務を進めていく上で、企業側に「円滑に進められないのでは」という疑念を持たせてしまいます。

数多くの文章のなかでも、とりわけビジネス文は、「分かりやすく、簡潔に」が求められます。志望動機もビジネス文であるため、短く筋の通った文章を書くことが必要です。ESを書く時点で、すでにビジネスマンとしての素養が試されていることは肝に銘じておきましょう。

志望動機の締めの言葉のポイント

志望動機の締めの言葉は、自分の意見や論理性を企業に伝える重要な要素です。しかし、志望動機は全体でも300字程度ということが多く、あまり多くの内容を締めだけに詰め込むことはできません。

特に、慣れていない人がPREP法で文章を作成すると、要点を落としたりすることも多くなります。志望動機の締めに入れておくべき要素を押さえておきましょう。

適切な締め方には3つの要素が入っている

①本文の要約

1つ目は、本文の要約です。PREP法で書いていることも勿論ですが、これまでの内容を総括することで、もう一度「自分が何を伝えたかったのか」を伝えることができます。文字数の制限もあるため、同じ言葉でくり返すのではなく、理由や具体例などの要点だけをかいつまんで書くことが求められます。

②今後の展望

2つ目は、今後の展望、つまり「入社してから何をしたいか」です。志望動機に書く理由や具体例の多くは、これまでに自分が経験したこと、つまり「過去」のことです。その「過去」を受けて、入社してからの「未来」で何をしたいのかを書くことが重要です。

会社は慈善事業ではないため、役に立たない社員を置いておくことはできません。この展望は「自分を入社させることはメリットになる」ということを、企業に伝える意味もあります。

③結びの言葉

3つ目は、結びの言葉です。これは特に悩む必要はないでしょう。たとえば「努力します」や「貢献します」などの前向きな意欲を表す言葉で文章を締めます。あるいは、実際の業務に絡めた内容で締めるのもよいかもしれません。

紋切型になってしまいますが、志望動機の結びを奇抜な文章にするほうがビジネス文としては不適切です。前向きな言葉で言い切ることで、自分に対する自信や思いの強さを示すことができます。

アピールするポイントは絞る

志望動機の文字数は、企業にもよりますがおよそ300字前後であることが一般的です。そのため、明確で簡潔な内容が求められます。文章全体に余計な修辞を入れないことは勿論ですが、冗長な表現や文学的表現を削るなど、とにかく実際のビジネスを想定した文章にしなければなりません。

ただ、どれだけ削っても、最後の締めに当てられる字数は絞られてしまいます。そのため、最後の締めでアピールするポイントは、文章全体を通じて「絶対に自分が言いたいこと」のひとつだけに絞りましょう。志望動機のなかでも、最もコアになる「自分が志望する理由」の部分だけを取り上げることで、企業にも自分の熱意が伝わりやすくなります。

企業に貢献できるポイントを入れる

志望動機の締めには、企業や社会に「どのような貢献をするか」を書くようにします。志望動機は、あくまでも就活生が「入社したい」理由です。

熱意を企業もある程度は考慮してくれますが、結局、企業に「入社させる」理由がなければ採用してもらえません。そのためにも、自分を採用することが企業にとって明確なメリットになるということを示しましょう。

示すメリットは何でもかまいません。例えば、知識や資格など、業務を遂行するための能力があることは、単純ですが分かりやすいアピールポイントといえるでしょう。また、どの企業でも汎用的に役立つ「忍耐力」や「コミュニケーション能力」、「行動力」などの自分の力を活かす方法を書くことも効果的です。

質問に合わせた締め方をする

一口に「志望動機」と言っても、その質問の形は様々です。直接的に「志望動機を教えてください」と尋ねられることもあれば、それに加えて「貢献できることは」や「将来のキャリアビジョン」など、何か別の質問が付加されて尋ねられる場合も珍しくありません。結びの言葉は、この質問の内容に合わせて変更しましょう。

特に、付加された質問があるときは要注意です。たとえば「将来のキャリアビジョン」についての質問があれば、締めは「将来的に〇〇していきます」などにしなければなりません。質問に対して適切な回答ができていないと、「話を聞かない」「コミュニケーション能力に問題がある」などの評価をされてしまいます。

志望動機を締める文章の例文

志望動機を締める文章は、志望動機全体のなかでもとりわけ端的に、かつ分かりやすい文章であることが求められます。

文章全体を通じて、もう一度伝えたい内容に焦点を当てながら、企業へ貢献できるポイントも示さなければならないため、高いハードルであることは事実です。締めに入る前に、質問の内容と自分の文章を読み返して、志望動機を仕上げましょう。

例文1:企業や企業の商品について書いた場合

例文

私が、貴社を志望した理由は、貴社が私の大好きな〇〇の販売元だからです。〇〇への愛情ならば誰にも負けません。貴社に入社後は、その〇〇の開発に携わりたいと考えています。

小さい頃に買った〇〇は、私の世界を大きく広げてくれました。〇〇を通して世代を越えた多くの友人ができただけではなく、何度か国際大会に出場するなかで、外国語も話せるようになりました。今でも、毎年発売される新しい〇〇を購入し続けています。

私は今後も〇〇が発展していくことを信じています。これまで〇〇を通して得た経験に、大学時代にアルバイトしていた広告会社で培ったイラストレーターとしての技術を加え、〇〇の開発に携わりたいと考えています。(300字以内)

この志望動機の中核になるのは、商品への愛情です。どんな些細なきっかけでも、「その企業の〇〇が好き」というのは、特定の企業でなければならない理由となります。その商品を通じて、自分がどう変わったのか、どんな経験をしたのかを具体例や理由に盛り込むことで、より「貴社でなければ」という印象を与えられます。

それを受けて締めの部分には、商品への愛情を示すと同時に、それに対して、自分が何ができるのかを書いています。単に「好き」というだけでは、企業としても採用に踏み切れません。

この例文であれば「イラストを描く」という技術で貢献しようとしています。このように、自分のスキルや経験を併せて書くと、企業も「どのように働きたいのか」がイメージしやすくなります。

例文2:企業理念について書いた場合

例文

私は、貴社の掲げる「試行錯誤こそ高い技術力につながる」という企業理念に共感し、貴社を志望いたしました。私は、子どもの頃から何かを作ることに熱中していました。現在では、ロボット作りに熱中しており、大学では電子工学について勉強を続けています。

ロボット作りは上手く行かないことがほとんどです。プログラミングや、歯車や配線の違いで想像した挙動になりません。完成しても改善点を見つけ出し、より良いものにしていくことは大変ですが、同時にやりがいも感じています。

貴社は、国内におけるロボット開発のトップ企業です。私も試行錯誤が行われている貴社のロボットの開発に携わり、将来は人型のロボットを開発したいと考えています。(350字以内)

最後の締めは長く書くことよりも、志望動機として最も自分が伝えたいことを意識します。そうすると、締めに書くべきポイントも自然と絞られます。

この志望動機の締めで重要な点は、「企業理念」についてです。企業理念というのは、企業を選ぶときのひとつのポイントです。同じ業務、同じ業界であっても企業ごとに考えていること、目標は異なります。これがマッチしているかどうかは、働き始めた後にも強く影響するため、無視できません。この志望動機では、自分のこれまでの経験が企業の掲げる理念と合致していることを示しています。

企業理念を作る目的は「社員の目標共有」「自社の社会に対するアピール」の2つです。理念への共感は「どんな企業であるか」を分かっていることを示します。また、目標が共有できているため、長く働いてくれることを企業側も期待できるでしょう。

例文3:自分の目標について書いた場合

例文

私は小さいころから「世界を舞台に仕事がしたい」と考えていました。また、大学で海外貿易について研究する中で、「貿易に携わる仕事をする」という具体的な目標ができました。

私は海外の通販サイトでモノを購入する機会が多く、日頃から海外と日本を仲立ちしてくれる貿易企業の存在を強く感じています。特に、日本の貿易会社の代表である貴社は世界各地に支社を持ち、様々な品物を輸入し、現地の経済発展にも寄与されています。そのような社会貢献への姿勢にも、強く共感し貴社を志望しました。

貴社に入社後は、大学で学んだ貿易の知識や、マルチリンガルとしての能力を存分に発揮して、世界中を飛び回り貴社の更なる発展に貢献します。(300字以内)

この志望動機の中核になるのは「自分の目標」です。志望動機において、重要なことは「その企業でなければならない理由」です。この志望動機では、「自分の目標を達成できる企業は貴社だけである」という明確な理由があります。

「働く」という行為の目的は、決して給料を得るためだけではありません。例えば、自分の技能や経験を深めたり、人脈を広げることも目的に数えられるでしょう。また、上記の志望動機のように、自分の目標を達成することも目的として考えられます。自分の目標を具体的にできるほど、企業側も働く姿をイメージしやすくなります。

ただし、目標を中核に置くと、当然、企業側からは「それが達成できたら、どうするのか」という疑問が生じます。これに対して、必ず「次はこうする」という達成した次の目標を志望動機には書きましょう。こうすることで、自分の課題発見能力や、問題解決能力があることを暗に示すことができます。目標や課題を自分で見つけ、それに向かって行動できることも、社会人にとっては重要な能力です。

例文4:自分の強みについて書いた場合

例文

私は、就職にあたって、趣味で続けているWebデザインを仕事にしたいと考え、貴社のWebデザイナーを志望しました。

私は、中学時代からホームページを作っており、大学時代には、サークルで入会者を増やすためのホームページ作りを任されました。その時から、アクセス数を増やすための方法や、デザインなどを考えるようになりました。結果として、ページを見た人の入会が大幅に増加しました。この経験から、私はWebデザインで企業や商品の価値を、広く発信できるWebデザイナーを目指しています。

貴社は挑戦的な社風であり、新人にも機会がある企業です。貴社で自分の技術を磨き、多くの商品を世界に発信していくことが目標です。(300字以内)

自分の強みを志望動機の中心に据える場合、その強みは英語などの言語や大学における学術的な知識のほか、絵や歌などの技術をアピールすると効果的です。新卒採用は、これからの成長への期待を込めた採用です。

しかし、既に技術がある就活生がいれば、それを採用しない理由はありません。今後も成長していくことを自信を持って伝えられれば、それだけでも採用に近づくでしょう。自分のしたいことが実現できる社風であることも、プラスの要素です。

企業が人を採用する目的は、一種の投資とも捉えられます。その人が学び、将来的に企業や社会に貢献してくれることを期待して、採用し給料を払っています。自分の強みをアピールするときは、自分の能力が企業にとって有効であることを示しましょう。

例文5:自分の経験について書いた場合

例文

私は貴社での仕事を通じて、この街の人たちの役に立ちたいと考えています。私は小さいころから買物は貴社の店舗でしていました。また、大学時代には貴社でのアルバイトを始め、お客様から頂く感謝の言葉を受けたことで、卒業後は貴社への就職を志望するようになりました。

貴社はメインとなる業務以外にも、地元の大会の協賛や地域の清掃活動など、地域貢献の活動が活発です。私も何度か参加させて頂きましたが、密接な地域との関わり合いが長く愛される要因であると思っています。

大学時代の貴社でのアルバイトの経験を活かし、私もお客様に愛される貴社の一員になり、地域に貢献できるように努めます。(300字以内)

大学時代にアルバイトをしたことがない人は、そういないはずです。この志望動機では大学時代の「自分の経験」を話の核に置いています。既に志望する先でアルバイトの経験があることは、その企業を志望する立派な動機となります。同時に、その経験が、そのまま自分の「貴社を知っている」というアピールポイントにもなります。

アルバイト以外には、一般的なインターンシップや、海外での留学も同時に経験できるワーキングホリデーなども企業と就活生を結びつけるポイントです。自分の「働いた」経験を志望動機を書く上で、有効な武器になります。それ以外にも、サークルや学業など、大学時代の経験を活かしてみましょう。

志望動機を締める文章の注意点

志望動機の締めは、文章全体を支える重要な部分です。冒頭と結論で内容が矛盾していないことは当然ですが、今後に控える面接において、どの点が深堀りされる対象になるかも重要なポイントです。

面接における質問も想定しながら、志望動機の締めに取り掛かりましょう。

定型文にオリジナリティを持たせる

志望動機の締めの文章は、どうしても「努力します」や「努めます」など、自分の前向きさをアピールする定型文になってしまいます。締めは最後の挨拶にあたる部分なので、定型文になるのは避けられません。

しかし、単に「頑張ります」とだけ書く就活生と「〇〇において力を発揮できるよう頑張ります」具体的なことを書く就活生、どちらを面接したいかと尋ねられたら、間違いなく後者でしょう。

たとえ、定型文でも「自分だからこそ」の要素を付け加えれば、それだけでも魅力のある文章になります。企業としても具体性のある話があれば、働き始めた後のイメージも考えやすくなるでしょう。「何で」「どうやって」という対象や方法論を明確にすると、企業研究の深さも伝わり、一石二鳥です。

根拠のない展望は評価されない

締めで伝える展望で書くべき将来には、根拠を意識しましょう。「営業でトップになる」や「〇〇の責任者になる」という内容の志望動機をよく見かけます。自分のやる気をアピールしたい気持ちは分かりますが、地に足がついていない将来の展望を書いたとしても、企業は評価してくれません。

そもそも、入社前の時点では、トップになる方法も責任者になる方法も就活生が知る術はありません。やる気があっても、目標に向かっていけるだけの実力や方法論が確立されていなければ、単に夢物語で終わってしまいます。根拠のない展望を語ることは、「現実が見えていない」「世間知らず」という、社会人として非常に厳しいマイナス評価を受けることにつながります。

志望動機で書く将来の展望は、せいぜい1年から2年程度の短いものです。働き始めてから1年程度で成し遂げられる内容、もしくは今後働いていく上での方針程度に留めておく方が無難でしょう。無理に自分をよく見せようとしてはいけません。

謙遜も誇張もよい印象はない

締めの文章では、謙遜した表現は厳禁です。志望動機はやる気の高さをアピールするためのものです。そのなかで謙遜した表現をすると、採用担当に「受け身である」という印象を持たれてしまいます。

どんな仕事でも積極的に自分から行動することが重要です。そこで、受け身であるという印象を持たれてしまうと、それだけでマイナス評価になります。志望動機は謙遜せずに、自信を持って言い切るようにしましょう。

また、同時に誇張した表現も避けます。根拠のない展望もそうですが、たとえば「絶対」や「必ず」というような強すぎる表現、「すべて」や「全部」というような例外のない表現は、つい使ってしまいがちなので注意しましょう。

これらの表現を用いると、採用担当は就活生に強いプライドを感じてしまいます。プライドがあることは立派ですが、それが過ぎると業務に悪影響を及ぼしてしまうので注意しましょう。

志望動機は締めまで入念にチェックを

採用選考が進み、最終選考に近づくにつれて、残る就活生の能力は同じ程度になっていきます。そのなかで少しでも有利になりたいのであれば、志望動機の作成に手は抜けません。

特に、締めの部分は、自分の思いをもう一度伝える重要な部分です。また、文章全体としても論理性を確かめる要素にもなります。

締めくくりまで丁寧に伝えることができれば、志望度の高さや入社後の展望など、企業が知りたいことを伝えやすくなります。志望動機の内容全てを受ける締めの部分こそ、最も注意すべき部分といえるでしょう。

志望動機の記事一覧

【例文あり】スーパーの志望動機の書き方|評価されるポイントと差別化のコツ

【例文あり】スーパーの志望動機の書き方|評価されるポイントと差別化のコツ

スーパーへの志望動機は、企業が求めるスキルや人物像を理解した上でマッチするポイントをアピールすることが重要です。業界・企業分析を徹底して行い、自身の経験やスキルを具体的に書きましょう。本記事では、スーパーの志望動機で評価されるポイントや書き方、差別化するコツなど、例文を交えて紹介しています。

コンサル業界の志望動機の書き方|評価されるポイントとコツ【例文あり】

コンサル業界の志望動機の書き方|評価されるポイントとコツ【例文あり】

コンサル業界の志望動機を作成する際には、説得力を高めるために具体的なエピソードを盛り込みましょう。企業が求める人物像に合わせて自分の強みをアピールすることも重要です。本記事では、例文とともに、コンサル業界の概要、志望動機の作成方法、求められるスキルを解説します。

【例文あり】志望動機は締めくくりが重要!締めの書き方とポイント

【例文あり】志望動機は締めくくりが重要!締めの書き方とポイント

志望動機の締めくくりに悩む就活生も多いのではないでしょうか。良い文章が書けても、最後の締めを誤ると魅力も半減してしまいます。ESの選考を突破するためには、企業に「面接したい」と思ってもらうことが大切です。本記事の例文とポイントを参考に、内容に一貫性が出る締めを作成していきましょう。

【例文あり】志望動機で「貢献したい」を伝える書き方|効果的な言い換え表現

【例文あり】志望動機で「貢献したい」を伝える書き方|効果的な言い換え表現

志望動機で「貢献したい」と締めくくりに使っている人も多いでしょう。貢献は、熱意や自信が伝わりやすいメリットがある一方、使い方を誤ると具体性を欠く恐れもあります。正しく理解し、適切に使うことで効果的にアピールできます。また言い換えを使った例文も紹介するので、参考にしてください。

【例文あり】800字の志望動機の書き方とは?コツや注意点を徹底解説!

【例文あり】800字の志望動機の書き方とは?コツや注意点を徹底解説!

企業から志望動機を800字で指定される場合があります。800字の志望動機は、自己分析、業界・企業研究を徹底していないと、効果的にアピールするのが難しいため、時間をかけて対策しましょう。 本記事では例文とともに、800字の志望動機の構成や作成するコツ、注意点などを解説します。

【例文8選】志望動機を200字で書く方法|短くまとめる構成とコツ

【例文8選】志望動機を200字で書く方法|短くまとめる構成とコツ

ESでは志望動機を200字で指定される場合があります。文字数が少ない分、企業研究と自己分析を綿密に行わなければ要点を絞るのが非常に難しく、字数を削減させるためには記述のテクニックも必要です。 本記事では、200字指定でも効果的な志望動機を書くコツと例文を紹介しています。

ホテル業界の志望動機の書き方|業界の基礎と評価されるコツ【例文あり】

ホテル業界の志望動機の書き方|業界の基礎と評価されるコツ【例文あり】

ホテル業界の志望動機を書く際にポイントとなるのは、「自分の具体的なエピソードに基づいた志望動機を書けているのか?」という点です。 本記事では、ホテル業界の業界研究を始めとして、志望動機の書き方やコツ・ポイントなどについて解説します。

志望動機に社風を取り入れるコツ|ポイントや注意点を解説【例文あり】

志望動機に社風を取り入れるコツ|ポイントや注意点を解説【例文あり】

この記事では、社風を志望動機に取り入れる際のポイントや注意点について解説しています。社風だけを伝える志望動機は印象に残りにくく、評価に結びつきにくいです。社風を取り入れるときは、ポイントを押さえ、自分の考えや目標などに関連させて伝える必要があります。例文を参考に作成してみましょう。

【例文あり】志望動機における企業理念の魅力的な書き方とは?ポイントと注意点

【例文あり】志望動機における企業理念の魅力的な書き方とは?ポイントと注意点

ESの志望動機で「企業理念に惹かれた」と書く学生は多く、差別化することが大切です。そのため、志望動機に企業理念を加える際、オリジナル性を持たせた魅力的な書き方を意識する必要があります。本記事では、志望動機でどのように企業理念への共感を書くかを、例文と書き方のポイントと一緒に解説します。

【例文10選】広告業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ

【例文10選】広告業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ

広告業界の志望動機は、業界や職種を正しく理解した上で、明確な理由を伝える必要があります。人気業界のため倍率も高く、「なぜ広告業界なのか」「広告業界で何をしたいのか」自分の考えをはっきりと伝えることが重要です。本記事では、広告業界の志望動機の書き方やコツ、職種別の志望動機例文を紹介しています。

志望動機に福利厚生はNG?評価に結びつく書き方と注意点【例文あり】

志望動機に福利厚生はNG?評価に結びつく書き方と注意点【例文あり】

本記事では、志望動機に福利厚生を書く時のポイントを解説しています。志望理由が福利厚生だけではマイナスの印象を与えてしまう可能性があるため、書き方には注意が必要です。福利厚生を活かしてどうなりたいのか、採用担当者が納得する理由を述べることを意識して志望動機を作成していきましょう。

志望動機と自己PRの違い|書き方や注意点を徹底解説!【例文あり】

志望動機と自己PRの違い|書き方や注意点を徹底解説!【例文あり】

就職活動において、志望動機と自己PRを効果的に伝えることは最も重要です。 本記事では、志望動機と自己PRの違いを明確にし、書き方や注意点を詳しく解説します。それぞれ例文を交えて解説しており、具体的なイメージを持ってアプローチすることができます。

食品業界の志望動機の書き方|ポイントを徹底解説!【例文あり】

食品業界の志望動機の書き方|ポイントを徹底解説!【例文あり】

食品業界の志望動機を書くときは、「なぜ食品業界を志望するのか」という点を分かりやすく表現することが重要です。そのため、あなたならではのエピソードを交えて志望動機を作ることがポイントです。 本記事では、食品業界の基礎知識から、志望動機の作成ポイント、例文について詳しく解説します。

アパレル業界の志望動機の書き方|熱意を伝えるポイントとは?【例文あり】

アパレル業界の志望動機の書き方|熱意を伝えるポイントとは?【例文あり】

アパレル業界の志望動機を書く際には、アパレル業界を選んだ理由やその会社でなければならない理由、入社後に実現したいことなどを具体的なエピソードを踏まえて書くことがポイントです。この記事では、アパレル業界の志望動機の書く前に知っておきたい業界の基本情報や代表的な職種、参考になる例文などをご紹介します。

【例文あり】エンタメ業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう

【例文あり】エンタメ業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう

本記事では、新卒の就活で競争率が高い「エンタメ業界」の志望動機の書き方について、例文を用いて解説しています。 まずは、エンタメ業界の特徴や仕組みを理解することが大切です。業界の理解を深め、他の就活生と差別化した内容に仕上げていきましょう。

【例文あり】リース業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう!

【例文あり】リース業界の志望動機の書き方|業界を正しく理解しよう!

この記事では、リース業界の志望動機の書き方と職種別の例文、業界についての概要を解説しています。リース業界は企業向けビジネスのため、学生には馴染みが薄い業界です。そのため、まずはリース業界について正しく理解する必要があります。徹底した企業研究をもとに、効果的な志望動機を作成しましょう。

医療機器業界の志望動機作成に必要なステップと書き方【例文あり】

医療機器業界の志望動機作成に必要なステップと書き方【例文あり】

医療機器業界の選考で評価される志望動機を作成するためには、業界を深く理解することが重要です。本記事では、業界について紹介するとともに、志望動機を作成するための具体的なステップと書き方を解説します。自分の経験を活かし、オリジナリティ溢れる志望動機を作成していきましょう。

物流業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるコツと注意点【例文あり】

物流業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるコツと注意点【例文あり】

本記事では、物流業界を志望している人に向け、効果的にアピールできる志望動機の書き方と例文、注意点を解説しています。物流業界は、大きく3つの業種に分けられ、業務も多岐にわたるため、まずは正しく業界を理解することが大切です。ポイントを押さえ、強みが伝わる志望動機を作成していきましょう。

通信業界の志望動機を効果的的に伝える書き方と注意点【例文あり】

通信業界の志望動機を効果的的に伝える書き方と注意点【例文あり】

通信業界には様々な業種や職種があるため、求められるスキルや経験が異なります。企業が求める人物像に合わせて、自分の強みをアピールすることが大切です。本記事では、志望動機の例文とともに、通信業界の業種や職種、通信業界で求められるスキル、効果的な志望動機の書き方と注意点を解説します。

金融業界の志望動機を魅力的に伝える書き方とコツ【例文あり】

金融業界の志望動機を魅力的に伝える書き方とコツ【例文あり】

金融業界には多くの業種・職種があるため、応募先ごとに適した志望動機を考えることが大切です。具体的なエピソードを述べ、他の志望者と差別化を意識して作成しましょう。本記事では、例文とともに金融業界の役割、主な業種・職種、志望動機の書き方やポイントを解説しています。

地方銀行の志望動機の書き方|差別化するコツとは?【例文あり】

地方銀行の志望動機の書き方|差別化するコツとは?【例文あり】

地方銀行の志望動機を作成するときは、メガバンクとの違いを明らかにし、地方銀行ならではの理由を書くことが大切です。 本記事では、地方銀行の特徴からメガバンクとの違い、業界動向などを詳しく解説し、後半では地方銀行の志望動機の書き方、コツ、例文を紹介しています。

保険業界の志望動機はどう書く?例文やポイントを徹底解説!【例文あり】

保険業界の志望動機はどう書く?例文やポイントを徹底解説!【例文あり】

保険業界の志望動機は、構成を意識して作成することが大切です。求められる人物像を把握し、保険業界への興味関心をアピールしましょう。説得力を出すためには、軸の通った内容を意識することが大切です。 本記事では、保険業界の志望動機の書き方やコツ、例文などを解説しています。

ドラッグストアの志望動機の書き方とコツを徹底解説!【例文あり】

ドラッグストアの志望動機の書き方とコツを徹底解説!【例文あり】

ドラッグストアの志望動機は、志望する企業に焦点を絞って作成することが重要です。求められるスキルや企業の特徴を把握して、貢献できる人材であることをアピールしましょう。 本記事では、企業の目に留まるドラッグストアの志望動機の書き方とコツ、例文を徹底解説しています。

商社の志望動機の書き方|採用を勝ち取るポイントとは?【例文あり】

商社の志望動機の書き方|採用を勝ち取るポイントとは?【例文あり】

商社は例年倍率が高く、選考を突破するためには業界や企業研究を徹底したうえで志望動機の内容を練る必要があります。 本記事では、業界や業種の特徴を紹介するとともに、志望動機の書き方や構成作成のポイント、職種に合わせた例文まで解説しています。

ゲーム業界で評価される志望動機の書き方とポイント【例文あり】

ゲーム業界で評価される志望動機の書き方とポイント【例文あり】

ゲーム業界の志望動機で「好き」や「憧れ」のみを述べても、他の志望者と差別化できません。企業が求める人物像に合わせて、自分の強みを具体的にアピールすることが大切です。本記事では、例文とともに、ゲーム業界の効果的な志望動機の書き方とコツを解説しています。

建設業界の志望動機の書き方|周囲と差別化できるポイント【例文あり】

建設業界の志望動機の書き方|周囲と差別化できるポイント【例文あり】

効果的にアピールする建設業界の志望動機の書き方を説明します。まずは建設業界の現状を理解し、企業のニーズを探ることが大切です。求められる人物像を理解した上でその会社を選ぶ理由を書けば、説得力のある文章に仕上がります。職種別の例文を参考にしながら、想いが伝わる志望動機を仕上げましょう。

自動車業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ【例文あり】

自動車業界の志望動機の書き方|選考を突破するコツ【例文あり】

自動車業界の志望動機には、具体的に自分が経験したことや感じたことを盛り込むことが大切です。本記事では、志望動機の作成方法と例文とともに、自動車業界の役割、事業や仕事の種類、働く魅力、求められるスキル、自動車業界が抱える課題を解説します。

ESに書く志望動機の文字数は何割が目安?【文字数別例文あり】

ESに書く志望動機の文字数は何割が目安?【文字数別例文あり】

ESの志望動機の文字数はどれくらいが目安なのか気になる人も多いのではないでしょうか。特に文字数が指定されていない場合、何割を目安にしたらいいのか悩みますよね。この記事では、志望動機の文字数の目安について徹底解説するとともに、文字数別の例文も掲載しています。

ブライダル業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするコツ【例文あり】

ブライダル業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするコツ【例文あり】

ブライダル業界の志望動機の書き方や魅力的な伝え方を解説。人気が高いブライダル業界で内定を勝ち取るためには、志望動機を充実させることが大切です。採用担当者が注目するポイントを押さえて作成しましょう。ブライダル業界で一目を置かれる志望動機の書き方のコツや注意点を紹介します。

志望動機では「魅力を感じた」は言い換えるのが効果的!【例文あり】

志望動機では「魅力を感じた」は言い換えるのが効果的!【例文あり】

志望動機で使いがちな「魅力を感じた」。多くのESを見ている採用担当者とってはありきたりな表現で熱意が伝わらずマイナスに見られてしまうことも。魅力を伝えるときは、自分なりの表現に言い換えることが大切です。この記事では、「魅力を感じた」をより効果的に伝えるためのコツや例文を紹介しています。

教育業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするポイント【例文あり】

教育業界の志望動機の書き方|効果的にアピールするポイント【例文あり】

就職先を選ぶときに「教えることが好き」という人にとって、教育業界は選択肢の1つではないでしょうか。しかし、教育現場の近況や学校教員に対して、ネガティブなイメージがあるのも事実です。今回は、教育業界を目指す人に向けて業界を紹介するとともに、志望動機の書き方を解説していきます。

銀行業界の志望動機の書き方|ポイントと注意点を徹底解説!【例文あり】

銀行業界の志望動機の書き方|ポイントと注意点を徹底解説!【例文あり】

この記事では、銀行業界を目指す人に向け、業界の特徴や動向をふまえ、採用担当者の目を惹く志望動機の書き方を解説しています。銀行業界は、新卒就職者から人気の業界です。しかし、同時に変革が求められている業界でもあるため、現状と課題を把握した上で効果的な志望動機を作成していきましょう。

不動産業界の志望動機の書き方とは?作成のポイントと注意点【例文あり】

不動産業界の志望動機の書き方とは?作成のポイントと注意点【例文あり】

就活生の人気の業界の一つである不動産業界。憧れの企業から内定を獲得するための志望動機の書き方を徹底解説。魅力的な志望動機を書くためには、業界研究を行い、自分の強みを積極的にアピールすることがポイントです。業界の概要から職種別の例文まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

人材業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるポイントを徹底解説!【例文あり】

人材業界の志望動機の書き方|効果的に伝えるポイントを徹底解説!【例文あり】

人材業界の志望動機を作成する際は、業界や企業研究を行い、求められる人物像を把握したうえで自分をアピールすることが大切です。本記事では、人材業界の志望動機の書き方から例文、業界の役割、求められるスキル、抱える課題など、業界研究にも使える内容を解説しています。

志望動機の箇条書きはOK!効果的な志望動機の書き方とポイント【例文あり】

志望動機の箇条書きはOK!効果的な志望動機の書き方とポイント【例文あり】

志望動機を箇条書きで書くと要点が伝わりやすく、他の就活生と差別化することができます。ただし、箇条書きを用いるときは「何を伝えたいのか」を明確に、簡潔にアピールする必要があるため、しっかりとコツを押さえなければなりません。本記事では、志望動機を箇条書きにする書き方やポイント、例文を徹底解説しています。

【例文あり】選考を突破する!志望動機の書き方と入社意欲をアピールするコツ

【例文あり】選考を突破する!志望動機の書き方と入社意欲をアピールするコツ

履歴書の「志望動機」から、企業は応募者の入社意欲を知ることができます。志望動機を書くためには、応募先への理解を深めることが不可欠であり、その理解度から業界・企業研究にどれほど力を入れたかを推測できるからです。この記事では、志望動機の書き方から例文まで徹底的に解説しています。

【例文あり】インターン参加のための志望動機の書き方|差別化のポイント

【例文あり】インターン参加のための志望動機の書き方|差別化のポイント

インターンシップは「働く」イメージを具体的にする、就活生にとって貴重な機会となります。書類選考としてESの提出を求める企業も多く、志望動機を書くのに困っている就活生も多いのでしょう。本記事では、企業側のインターンへの認識から実際の書き方や注意点まで、段階を踏んでご紹介します。

IT業界の志望動機の書き方とは?評価につながるポイントを解説【例文あり】

IT業界の志望動機の書き方とは?評価につながるポイントを解説【例文あり】

今、成長が続くIT業界を志望する学生も多いでしょう。IT業界は幅広く、志望する分野や職種によって、押さえるべきポイントが異なります。自分だけの志望動機を作成できるよう、しっかり企業分析を行うことが大切です。この記事では、IT業界の概要とIT業界への志望理由の書き方を例文とともに解説します。

志望動機が書けない人必見!思いつかないときの対処法と書き方ガイド【例文あり】

志望動機が書けない人必見!思いつかないときの対処法と書き方ガイド【例文あり】

ESを作成する際、志望動機が書けず悩む就活生も多いでしょう。選考を勝ち取るためには、志望動機が思いつかない原因を探り、書くべき内容を理解した上で、自分の経験や考えを述べる事が大切です。本記事では、志望動機がないときの具体的な解決策や効果的な書き方を例文とあわせて紹介しています。